注目を集めているシーズヒーター

最近、よく耳にすることが多くなったシーズヒーターですが、どのようなものなのかご存知ですか。シーズヒーターとは、発熱体を特殊なニクロム線を使い絶縁物質で包み込み、金属性のパイプに入れたものです。他のヒーターより壊れにくい構造が特徴となっています。ハロゲンヒーターのように明るくなりすぎることもない為、明るくて眠れなくなってしまうということもないです。普通の使用方法でつかっていれば、10年以上の寿命があり電気ヒーターの種類の中では最高寿命と言われています。ヒーターの中でも、ファンヒーター・遠赤外線ヒーター・オイルヒーターの種類のなかでシーズヒーターは遠赤外線ヒーターの種類に属します。比較的に手軽に購入することができる為人気が高くなってきています。製造しているメーカーによって様々な呼び方をしているので注意が必要です。

遠赤外線ヒーターの種類と違いを比較

遠赤外線ヒーターとはスイッチを入れたら赤くなるヒーターのことを言います。別名「電気ストーブ」と呼ばれています。遠赤外線ヒーターといっても発熱体の違いによって種類が分かれています。「ニクロム線電気ストーブ」は最もシンプルな構造になっていて、石英ガラスにニクロム線コイルをいれただけなので本体価格は非常にお手軽です。ただ遠赤外線の放出量が少ない為パワーが弱いです。「ハロゲンヒーター」はハロゲンランプを発熱体に使っています。人体が暖かさを感じにくい近赤外線を多く放出しているため、需要は減少してきています。「カーボンヒーター」は炭素化合物を発熱体に使っています。ハロゲンヒーターと比べると遠赤外線放出量が倍以上あるといわれています。そして冒頭でもご紹介した「シーズヒーター」です。電気ストーブの中で最も遠赤外線の放出量が多いとされていますが、暖まるまでに少し時間がかかるのがデメリットです。

シーズヒーターの注目されている製品

シーズヒーターの良い点は、スイッチを入れるとすぐ暖まる点や本体価格が比較的安めに設定されていることが挙げられます。悪い点は、ヒーターの近くしか温かくない、暖まる範囲が狭いことです。そして近づきすぎると低温やけどになってしまいますので注意が必要です。気になるシーズヒーターの電気代はというと、だいたい1時間あたり10~30円ほどでしょう。ワット数によっても変動します。生活環境にあったヒーターを選びましょう。電気代を節約したい人は、温度調整の段階が多いものやエコモードがついているものを選びましょう。置き場所を考える人は、縦に細長いスリムなデザインをおすすめします。そして複数人で使う場合には首振り機能がついているものを、寝るときに使う人はタイマー機能がついているものを選びましょう。転倒時に電源が切れる機能のように安全面に配慮されたものは特におすすめです。