シーズヒーターのおすすめの利用法

ヒーターにはいくつか種類があり、それぞれの特徴があります。温風で温める「ファンヒーター」、発熱体を利用した「遠赤外線ヒーター」、「オイルヒーター」や「パネルヒーター」は機器からの放熱によりじわじわと温めます。それぞれ温まり方の違いや温まるまでの速度、金額の高低、安全性など、家庭での用途に応じて使い分けが必要です。寒い冬、外から帰ってすぐに温めたいリビングなどは、早く温まるヒーターを選びたいですし、寝室などでは、乾燥しにくくやわらかな温かさを得られ、寝ている間に火事などが起こらないよう安全性の高いものを選びたいでしょう。そういった中で、シーズヒーターは遠赤外線ヒーターに属し、体の芯まで温まることのできるヒーターですが、使い方によっては向き不向きがあります。シーズヒーターの特性を生かした利用法とはどのようなものがあるかを紹介していきましょう。

シーズヒーターの特徴と賢い使い方

シーズヒーターの特徴は、遠赤外線効果が高く、体の芯まで温まります。発熱体が金属管で覆われており、衝撃や破損に強く、水にも強いことから、台所などの水場でも安心して使用できます。ストーブのように燃焼から熱を発生させる訳ではないので、換気の必要もなく、安全性も高いです。しかし、温まるまでの時間が5分ほどかかる為、すぐに温めたい時や、寒さが厳しい時などには適していません。さらに、遠赤外線の届く範囲をピンポイントで温めてくれるので、部屋全体を温めてはくれません。電気代に関しても、長時間の使用は、高い料金となる可能性がある為、エアコン等の部屋全体を温める暖房器具との併用で、部屋が温まるまでの時間の繋ぎとして短時間だけシーズヒーターを使用するというのも賢い使い方と言えるでしょう。

遠赤外線ヒーターの中でのシーズヒーターの位置づけと手軽さ

遠赤外線ヒーターの代表的なものとして、シーズヒーター・ハロゲンヒーター・カーボンヒーターなどがありますが、その違いは発熱体の違いです。ハロゲンランプを発熱体としているハロゲンヒーターは、近赤外線を多く含むため、温かさを感じにくいという特性があります。炭素化合物を発熱体に用いたカーボンヒーターは、ハロゲンヒーターの2倍の遠赤外線放出量となり、温まるスピードも早いのが特徴です。そして、ニクロム線を絶縁体で包み金属の管で覆ったものを発熱体として使っているシーズヒーターは、赤外線の放出量が最も多く、他のヒーターと比べて最も温かさを感じることができます。ファンヒーターのようにファンが回るということもないので、音も静かで、エアコンのように大きさもなく、取付けの必要もないので、持ち運びにも便利で、夏でいう扇風機のような感覚での利用法をおススメします。