そもそもシーズヒーターとは何か

シーズヒーターというのは、簡単に言うと発熱させる線を金属パイプで包んだヒーターのことです。ニクロム線という、エネルギーを通す事により発熱する線を金属パイプでコーティングするという単純構造のため、多くの企業がこの形式を利用した商品の売り出しを行っています。発熱体がパイプで被われているので、外部からの影響による発熱妨害を受ける要素が少ないのが特長です。燃料の取扱い間違いによるトラブルも避けられるので、火災などのリスクを避ける意味でも優れたヒーターです。パイプで発熱線を保護する事で劣化を避けられる効果も期待でき、この形式で作られた商品の耐久年数は他のものよりも高めです。広範囲を暖めるよりも、狭い個室や空間を早く暖めるのに向いています。この前身としてパイプで被われていない裸線ヒーターがありましたが、安全性を考慮して開発されたのがパイプでガードしたシーズヒーターです。

シーズヒーターはどのような点で優れているのか

シーズヒーターが他のものと一線を画すひとつとして、安全性の高さが挙げられます。外部からの衝撃により器具が倒れた時にも、発熱体をガードしているこのタイプであればトラブル発生による不利益を防ぐ事が可能です。電流を流す部分もコーティングしてあるので、関電や漏電といった危険も避けられます。近年注目されている環境問題を加味した上でも、シーズヒーターは有益です。オイルやガスを使わないヒーターなので、燃料を燃焼させる事で発生する有毒ガスを心配する必要もありません。空気を清浄に保つための空気清浄機も平行して使用する必要がないので、コストパフォーマンスの観点から見てもお得です。燃料タンクを確保するスペースも不要なので、場所もコンパクトに済みます。使わない季節には倉庫などにコンパクトに収まり、必要な時には安全に使用できるのがシーズヒーターの良い所です。

実際にどんな商品にシーズヒーターが利用されているのか

この様に利点の多いシーズヒーターは、多種多様な分野の商品で活用されています。ヒーターという言葉で浮かぶ暖房機器としては、狭いトイレなどの個室を暖める発熱ヒーターがあります。軽量で柔軟な動きが可能なため、暖めたい方向に向きを調節できる変動式の小型ヒーターもあります。パイプの向き次第で暖めたい形を変えられるので、その特性を利用した電気プレートや鉄板も売り出されました。水分に左右されない所にも着目され、乾燥機としても使われています。その他にも、漏電の心配のない特性を利用してウォーターバスの発熱装置としても有効です。温度調節がしやすい所からも、テーブルこたつやペット用のホットカーペットにも利用されています。操作性に優れている点から見ても、温度を一定に保って電気代を節約できるのもお得です。

弊社独自の技術。表面積が広く、熱効率の良い平形シーズヒーター「スーパーフラットヒーター」をご覧ください。 2009年3月、いばらき産業大賞を受賞しました。ボイラ不要の過熱水蒸気発生器をご覧ください。 「スーパーフラットヒーター」がいばらきデザインセレクション2011知事選定に選定されました。 高い技術力に裏付けされた高品質のヒーターを提供します。 シーズヒーターをお探しならこちらのサイトをおすすめします。